【フィリーズR】アンコールプリュ「落ち着きが出ているし、根性がある」

2018年03月05日 20時20分

【フィリーズレビュー(日曜=11日、阪神芝内1400メートル=3着までに4・8桜花賞優先出走権)注目馬最新情報:栗東】アンコールプリュの1週前追い切りは藤岡康を背にウッドの3頭併せで6ハロン82・5―37・7―12・4秒。直線は失速気味で5馬身近く離されたが、大差追走してのもので仕方ない。

 友道調教師「もともとテンションが高いけど、落ち着きが出ている。距離を考えればチューリップ賞よりこのレースのほうがいいだろうし、初戦(新馬戦=1着)を見ても根性があるからね。重賞でどんな競馬ができるか」