【チューリップ賞】2歳女王ラッキーライラック「特に不安なところもなく、レースへと臨めそう」

2018年03月01日 20時32分

【チューリップ賞(土曜=3日、阪神芝外1600メートル=3着までに4・8桜花賞優先出走権)注目馬1日朝の表情:栗東】無傷の3連勝で阪神JFを制したラッキーライラックのクラシック制覇を目指す戦いがいよいよ始まる。最終追い切り翌日のこの日は軽めの運動を消化。

 松永幹調教師「放牧を挟んでの成長が感じられますし、ここまで順調に調整することができました。特に不安なところもなく、レースへと臨めそう。それぞれが力をつけてくる時期なので、簡単な競馬にはならないでしょうが、いい結果を出して桜花賞へと向かえればいいですね」