【チューリップ賞】シグナライズ 力強いフットワーク「阪神でも走っているし、マイルは勝っている距離」

2018年02月28日 20時42分

【チューリップ賞(土曜=3月3日、阪神芝外1600メートル=3着までに4・8桜花賞優先出走権)注目馬28日最終追い切り:栗東】シグナライズは鮫島良(レースはルメール)を背に坂路で単走。ゴール前で一杯に追われると力強いフットワークで駆け上がり4ハロン53・1―12・8秒を刻んだ。休み明けの前走(紅梅S=4着)はひと息の結果に終わったが、在厩で調整された今回は集中力も増しており反撃ムードが漂っている。

 田代助手「ひと叩きの効果もあって余計なことをしなくなってきた。テンションも上がっていないし、いい調整ができている。もともとズバッと切れるというより長く脚を使うタイプ。阪神でも走っているし、マイルは勝っている距離だから」