【オーシャンS】10歳馬エポワス 2馬身先着「状態は文句なし」

2018年02月28日 20時23分

【オーシャンS(土曜=3月3日、中山芝外1200メートル=1着馬に3・25高松宮記念優先出走権)注目馬28日最終追い切り:美浦】10歳の古豪エポワス(写真右)は杉原(レースは田辺)を背に坂路でレッドゲルニカ(古馬オープン)と併せて2馬身先着(4ハロン53・1―38・6―25・0―12・2秒)。中間ひと息入ったが体に太め感はなく、ラストの反応も上々だ。陣営は2つ目の重賞取りを目指す。

 杉原騎手「最後気を抜かないように気合を付けたが、ラストまで余裕があった。馬は心身ともにフレッシュだし、状態は文句なし」