【弥生賞】オブセッション 相手強化も「能力はここでも十分に通用する」

2018年02月26日 21時02分

【弥生賞(日曜=3月4日、中山芝内2000メートル=3着までに4・15皐月賞優先出走権)注目馬最新情報:美浦】オブセッションの1週前追い切りは南ウッド5ハロンから追走内併入で5ハロン69・8―39・4―13・0秒(馬なり)。坂路とウッド併用で乗り込まれており態勢は十分に整いそう。

 津曲助手「前走(シクラメン賞=1着)は抜け出してから手応えにはまだ余裕があった。速い流れに対応してのレコードVでポテンシャルの高さを再確認できました。中山コースがカギになるが、1角まで距離もあるので伸び伸びと走らせることができると思う。相手は強くなるけど、能力はここでも十分に通用する」