【中山記念】今の中山なら…機動力&スピード持続力でアエロリット優位

2018年02月23日 21時02分

いきなりエンジン全開ムードのアエロリット

【中山記念(日曜=25日、中山芝内1800メートル=1着馬にGI大阪杯優先出走権)新バージョンアップ作戦】東西主場は今週から開催が替わってGI前哨戦もヒートアップ。中山開幕週は伝統あるGII中山記念がメインに組まれている。新VU作戦の明石尚典記者が狙うのは4歳牝馬のアエロリット。この時期の中山の馬場なら機動力&スピード持続力で優位は動かない――。

 少頭数ながらも3頭のGI馬がスタンバイ。今後のマイル、中距離路線を占ううえで必見のレースとなりそうだ。過去10年の勝ち馬をチェックすると、4角位置は2~6番手。フルゲートに満たない年が大半とはいえ、結果からは先行有利のレースキャラが浮かび上がってくる。

 自身上がり平均も35秒13と大きめの数字。34~35秒台の上がりで足りるとなれば、やはり4角射程圏がVゴールへの絶対条件と言えよう。傾向にマッチするのは時代に逆行した非瞬発力型。今回は機動力&スピード持続力重視のスタンスで攻めてみたい。

 ◎アエロリットの最速上がりマークは新馬戦のわずか1回。典型的なジリ脚タイプだが、その半面スピード持続力比べには絶対の自信を持つ。GIタイトルを手中に収めたNHKマイルCの2ハロンごとの分割レースラップは23秒3→22秒8→23秒1→23秒1。6ハロン目まで2ハロン23秒0を刻み続けた前年のメジャーエンブレムがラスト2ハロンで大きくラップを落とした(11秒5→12秒3)のに対して、アエロリットはともにハロン11秒台(11秒3→11秒8)でフィニッシュ。

 ハイレベルな一貫型ラップでも最後まで衰えなかった脚勢こそが、この馬のストロングポイントを雄弁に物語っている。

 古馬牝馬を一蹴したクイーンSも2ハロン分割23秒4→23秒4→23秒4→23秒6の一貫型ラップ。最大落差0秒2と精密機械のごときラップを自ら刻んで札幌9ハロンのタイレコードを叩き出した。NHKマイルC=34秒7→34秒3、クイーンS=35秒2→35秒5と自身前後半3ハロンラップもほぼパーフェクト。ハイラップでもブレない走りはおそらく他馬にはまねできまい。

 一度もハナを譲ったことのない快速マルターズアポジーの後ろでじっと息を潜めていれば、おのずとVゴールが見えてくる。