【阪急杯】アポロノシンザン 短期放牧後も「今回は緩んでおらず、ここは改めての気持ち」

2018年02月22日 20時30分

【阪急杯(日曜=25日、阪神芝内1400メートル=1着馬にGI高松宮記念優先出走権)注目馬22日朝の表情:美浦】アポロノシンザンは雪が舞う中、南A(ダート)で調整を行った。陣営は見直せる仕上がりを強調した。

 伊藤助手「前回(阪神C=14着)は数字以上に太かったんだと思う。爪の丈夫な馬ではないので、冬場は控えるスタンスでやってきたが、状態がいいのもあって、条件のいいここへ目標を切り替えた。再度、短期放牧を挟んだけど、今回は緩んでおらず、ここは改めての気持ちですね」