【フェブラリーS・後記】12着惨敗テイエムジンソク 古川「芝スタートは問題なかった」

2018年02月19日 21時31分

12着惨敗のテイエムジンソク

 18日の第35回フェブラリーS(ダート1600メートル)で2番人気のテイエムジンソクは12着に敗れた。

 古川は「芝スタートは問題なかった。とにかく、うまく息が入らなかった」と繰り返したが、内枠の馬たちがこぞって先手を主張した競馬で外から3番手。しかも3ハロン通過34秒1と先行馬に厳しい流れになっては、息が入らなくなったのもうなずける。

 初物尽くしの一戦は苦い結末となったが、これで勢いや成長が止まったわけではない。GIの舞台はまだ2戦目。絶対的なスピードが生かせる舞台でのリベンジを待ちたい。