アンカツ引退会見「調教師になるつもりはない」

2013年01月30日 17時53分

アンカツは「調教師や調教助手になるつもりはない」

 引退を表明した安藤勝己(52=栗東・フリー)が30日、栗東トレセンで引退会見を開いた。2003年に笠松から中央に移籍し、10年間でJRA・GⅠ通算22勝を挙げた名手の一問一答は以下の通り。

 ——引退を決断した時期、理由は

 安藤:昨年の春先から徐々に体が硬くなり、馬とうまくコンタクトを取れないようになってきた。自分のイメージ通りの競馬ができない以上、ファンや関係者のためにも辞めた方がいいと考えた。明日(31日)、免許を返上します。

 ——現在の心境

 安藤:騎手としてやり残したことはないし、さっぱりしている。でもさみしくないと言えば嘘になるね。

 ——思い出のレース、馬は

 安藤:ビリーヴの高松宮記念(03年)。中央に来て最初に勝ったGⅠだね。04年のダービーを勝ったキングカメハメハは、いつでも安心して乗っていられた馬。ダイワスカーレットは素晴らしいスピードが印象的だった。

 ——松田国調教師からは「スカーレットの子に乗ってほしかった」との言葉があった

 安藤:(乗せてもらったにしても)いいパフォーマンスができるという自信がなくなったので…。

 ——笠松時代の思い出の馬は

 安藤:フェートノーザンだね。大井や北海道に一緒に行って、何か月も過ごしたよ。

 ——オグリキャップについて

 安藤:デビューしたころはみすぼらしい馬だなあと思っていた(笑い)。そしたら日に日にたくましくなって。すごい成長力だった。中央に移籍してからも、オグリのレースだけは見ていたよ。

 ——今後は

 安藤:特にプランはないし、調教師や調教助手になるつもりはない。ただ競馬は好きだし、ファンに競馬のよさを伝える仕事ができれば。しゃべるのは苦手だけどね(笑い)。

 

武豊 アンカツ引退に惜別コメント「生き方がすごい」

内田博 アンカツ引退に「とにかくすごい人」