この時期の“混乱新馬”はドル箱

2013年01月31日 09時00分

【トレセン発秘話】「登録馬の半分以上も除外されてしまう鞍が出てきてもう大変。除外を考慮して来週も同じような条件の鞍を空けておきたいけど、そうは問屋が卸さない。この時期は依頼がひっきりなしだし、あまり先のことを考え過ぎると逆に乗り鞍が減ってしまうことにもなる」

 新馬戦の出馬ラッシュに、こんなボヤキを発していたのは騎手エージェントのM氏。キュウ舎サイドとしても思惑通りの仕上げで期待馬をデビューさせられないのは痛恨の極みであり、主催者にとっても魅力あるレースになりづらい(=馬券の売り上げが期待しにくい)事態はなるべく避けたい。

 新馬戦最終期の2~3月に出馬ラッシュが勃発するのはもはや毎年の恒例だけに何らかの対策を講じるべきなのだが、情報力がモノをいう“混乱新馬”は馬券野郎の得意分野でもある。

 今週の激アツ馬は土曜の東京芝2000メートルを予定しているレッドカチューシャ(牝=父ディープインパクト、母デルモニコキャット・矢作)だ。
「先週は急きょ、依頼を受けたロジプリンセス(東京芝1800メートル)が快勝したわけだけど。この馬が除外されることも考慮して今週の2000メートルも空けておいたらカチューシャに乗れることに。ツキがありますよね」とは三浦のエージェントT氏。血統的に筋が通っており、栗東坂路で上々の時計を出しているのだから新馬Vが濃厚だ。

「人と馬との織り成すドラマ」と言われる競馬は“巡り合わせ”こそが何より大事。この時期だからこそ人馬の機微もより味わい深くなる? 厩舎ランキングや追い切り時計などといった数字に表れる面だけでなく、“巡り合わせの過程”に目を配りつつ、的確な印を打っていきたい。

(美浦の馬券野郎・虎石晃)