アンカツが引退表明

2013年01月30日 12時01分

2002年、JRA騎手試験に合格し笑顔の安藤勝

 アンカツが引退――。地方の笠松競馬からJRAへ移籍して一時代を築いた安藤勝己騎手(52=栗東・フリー)が30日、引退を表明した。地方から中央への道を切り開いたパイオニア。JRA・GⅠ22勝、地方・中央ダブル1000勝など大きな足跡を残した仕事人は惜しまれながらターフを去ることになった。

☆あんどう・かつみ=1960年3月28日生まれ。愛知県出身。76年に公営・笠松でデビューし、トップジョッキーとして長らく君臨。オグリキャップにも騎乗した。2003年にJRAに移籍すると112勝を挙げ、08年まで連続100勝以上するなどリーディングの上位で活躍。大舞台に強く、ここ一番の切れ味は群を抜く。GⅠ勝利は07年の6勝など計22勝。主な勝ち鞍は04年ダービー(キングカメハメハ)、08年有馬記念(ダイワスカーレット)など。GⅢ・東京スポーツ杯2歳Sも06年に勝っている。09年JRA賞(最高勝率騎手)など表彰も多い。公営在籍時を含めてJRA通算1111勝(28日現在)。161センチ、52キロ。

 

武豊 アンカツ引退に惜別コメント「生き方がすごい」

内田博 アンカツ引退に「とにかくすごい人」

アンカツ引退会見「調教師になるつもりはない」