【京都記念】レイデオロ 順調「最終追いの動きも良かった」

2018年02月08日 21時02分

【京都記念(日曜=11日、京都芝外2200メートル)注目馬8日朝の表情:美浦】いよいよ今年の始動戦を迎える昨年の日本ダービー馬レイデオロは、北C(ダート)入りしてダクとハッキングで微調整。馬体の張りが十分なのはもちろん、程よく気合が乗って、臨戦態勢はしっかり整った印象だ。

 藤沢和調教師「トレセンで早い段階から併せ馬で時計を出すと、テンションが上がり過ぎてしまうので、帰厩後は徐々にピッチを上げて調整していった。(7日の)最終追い切りの動きも良かったし、順調にきてますよ」