【京都記念】ディアドラ 坂路ラスト12・5秒「デビュー当時とは別馬」

2018年02月07日 21時03分

【京都記念(日曜=11日、京都芝外2200メートル)注目馬7日最終追い切り:栗東】ディアドラは坂路で単走。ラストを強めに追われて4ハロン53・1―12・5秒をマークした。体重が10キロ以上増えているとのことだが、動きに重め感はない。

 橋田調教師「いつも通りでいいんじゃないですか。かなり背が高くなった。この時期に成長するのは珍しい。デビュー時が452キロで今は500キロ。当時とは別馬。ここ2回(秋華賞=1着、エリザベス女王杯=12着)は前に行けなかったが、休みが気分転換になって前向きになっていればいいね。(まだドバイからの招待状は来ておらず)このレースの結果次第でしょう。もしダメでも大阪杯とか国内にもレースはありますから」