【京都記念】クリンチャー 抜群の伸び「トモがパンとして稽古の動きが違ってきている」

2018年02月07日 21時01分

【京都記念(日曜=11日、京都芝外2200メートル)注目馬7日最終追い切り:栗東】クリンチャーは坂路で藤岡佑を背に単走。中間は好時計を連発し、この日も4ハロン52・7―ラスト12・2秒と抜群の伸びで好仕上がりだ。

 宮本調教師「トモがパンとして稽古の動きが違ってきている。叩きつつ良くなる馬だが、恥ずかしい競馬はしないはず」