【共同通信杯】オウケンムーン 併せ馬で遅れも「いい仕上がり」

2018年02月07日 20時32分

【共同通信杯(日曜=11日、東京芝1800メートル)注目馬7日最終追い切り:美浦】オウケンムーン(写真手前)は北村宏騎乗で南ウッド5ハロンから3頭併せ。前の2頭を見る形で運び、直線は最内へ併せて追われると、ラスト1ハロン12・6秒でフィニッシュ。中の馬に少々後れを取ったが、最後までしっかりとした動きだった(68・1―37・9秒)。陣営の感触は上々だ。

 国枝調教師「併せた相手が走ったけど、この馬も直線しっかり動いた。普段は気性のおとなしい馬だけど、レースに行けばきっちり走る。前回体が増えた(468キロ)のはいい材料だし、今回も同じぐらいの数字だろう。いい仕上がりだと思うよ」