【有馬記念】キタサンブラック北島オーナー「無事に帰ってきてくれればいい」

2017年12月21日 17時42分

 24日に行われる暮れのグランプリ「第62回有馬記念」(中山芝内2500メートル)の公開枠順抽選会が21日、都内の品川プリンスホテルで行われ、引退するキタサンブラックの北島三郎オーナー、武豊騎手、シュヴァルグランの佐々木主浩オーナーらが勢揃いした。

 公開抽選会は今年で4年目を迎える。キタサンの北島オーナーは「最後のランになりました。ちょっと寂しいですが、ここまで一生懸命頑張って走ってくれました。最後も無事ちゃんと帰ってきてくれればいいかな。去年は最後の最後に1番を引いた。今回も不思議になってくれればいいな」と期待を込めた。

 武騎手は「去年は2着だったので悔しいです。今年もファン投票1位なので責任を感じています」とコメント。清水久調教師は「変わらず元気そうでした」と語った。

 また、シュヴァルグランの佐々木オーナーは「楽しみなレースになると思います。いいとこ引ければいいんですが」と話した。ボウマン騎手は「有名な有馬とあって、たくさんのファンが来られていて緊張している。日本の競馬レベルは高い。その中で乗せてもらえるのはうれしい」とコメントした。友道調教師は「あとはジョッキーに任せるだけ」と、ボウマン騎手にすべてを託した。