【有馬記念】レインボーライン「中山コースと相性のいいステイゴールド産駒」

2017年12月18日 21時03分

レインボーライン(右)

【有馬記念(日曜=24日、中山芝内2500メートル)注目馬17日の動き:栗東】ジャパンカップで6着だったレインボーラインは、阪神C出走予定のサングレーザー(3歳オープン)と坂路で併せ馬。稽古駆けする相手に1馬身遅れのゴールになったが、最後までしっかりとした脚取りで4ハロン52・7―38・1―12・7秒。この馬としては上々の動きを見せた。

 若松厩務員「稽古は、そう目立つほうじゃないからね。昨年と違って夏場に使ってないので、今年は馬も元気いっぱい。前走は道中の位置取りが後ろになったけど、しまいはよく伸びてきた。中山コースと相性のいいステイゴールド産駒だし、条件さえ揃えば」