【朝日杯FS枠順】唯一の無敗馬ダノンプレミアムは1枠1番

2017年12月15日 09時10分

3連勝でのGI戴冠を狙うダノンプレミアム

 2歳王者決定戦「第69回朝日杯フューチュリティステークス」(17日=日曜15時40分発走、阪神芝外1600メートル)の枠順が15日午前、以下のように決まった。

 唯一の無敗馬(2戦2勝)でグレード制を導入した1984年以降、2015年のリオンディーズ以来2年ぶり13頭目となる無傷の2歳王者に挑むダノンプレミアム(川田騎乗、栗東・中内田厩舎)は1枠1番からスタートする。

 昨年、サトノアレスで優勝した藤沢和調教師(美浦)の2頭は、ききょうS→京王杯2歳Sと連勝中の唯一の3勝馬(4戦3勝)タワーオブロンドン(ルメール騎乗)が2枠3番、ファストアプローチ(シュミノー騎乗)が4枠8番に入った。連覇を決めれば、故境勝太郎元調教師(1987&88年)以来、史上2人目の快挙となる。

 11日現在、JRAで32勝を挙げ、新種牡馬リーディングのトップを走るロードカナロア産駒のステルヴィオ(C・デムーロ騎乗=美浦・木村厩舎)は5枠10番、ダノンスマッシュ(福永騎乗=栗東・安田隆厩舎)は6枠12番となった。

 なお、このレースは16日(土曜)から前売りが開始される。

★「朝日杯FS」枠順と騎手(全馬55キロ)★

【1枠】 1番 ダノンプレミアム  川田
【1枠】 2番 フロンティア    岩田
【2枠】 3番 タワーオブロンドン ルメール
【2枠】 4番 ライトオンキュー  四位
【3枠】 5番 ケイアイノーテック 幸
【3枠】 6番 アサクサゲンキ   武豊
【4枠】 7番 ヒシコスマー    松山
【4枠】 8番 ファストアプローチ シュミノー
【5枠】 9番 ムスコローソ    池添
【5枠】10番 ステルヴィオ    C・デムーロ
【6枠】11番 カシアス      浜中
【6枠】12番 ダノンスマッシュ  福永
【7枠】13番 アイアンクロー   酒井
【7枠】14番 ダブルシャープ   和田
【8枠】15番 ケイティクレバー  小林
【8枠】16番 イシマツ      加藤