【香港スプリント】6着レッツゴードンキ 岩田「出遅れがすべて」

2017年12月11日 21時41分

【香港スプリント(10日、香港・シャティン競馬場=芝1200メートル)】好発を決めたワンスインナムーンはハナを切ったが、3角手前でペニアフォビアに絡まれる厳しい展開。直線入り口では2番手で踏ん張るものの、ラスト200メートルで失速し、12着に終わった。

 一方のレッツゴードンキは行き脚がつかず道中最後方。それでも直線は外から追い上げたが、6着が精一杯だった。

 勝ったのは好位から抜け出した1番人気のミスタースタニング。2着は外から伸びたディービーピンで地元J・サイズ厩舎のワンツーで決まった。

 レッツゴードンキ騎乗岩田「出遅れてしまったのがすべてです」

 ワンスインナムーン騎乗パートン「他の馬に進路を邪魔されてしまいました」