【阪神JF】リリー川田かラッキー石橋か 燃えろ!日本人ジョッキー

2017年12月08日 20時01分

普段からまったく手間をかけないラッキーライラック

【阪神ジュベナイルフィリーズ(日曜=10日、阪神芝外1600メートル)栗東トレセン発秘話】先週のチャンピオンズCを振り返り、「まさにムーアのおかげ。ジョッキーの力で勝たせてもらった」と名手の腕を絶賛したのはゴールドドリームの木下厩務員だ。

 中間、ゲートに縛ったことで、中で我慢できるようになったのはいいが、逆に落ち着き過ぎてしまい、いつも以上にスタートを出ないことも懸念されていたのだが、「あの馬にしたら“ロケットスタート”を決めてくれた」と最小限の出遅れで済ませたのが第一点。さらにすごかったのは“有言実行”のその後の鞍上のアクションだった。

「去年のチャンピオンズC(12着)では出遅れた後、仕掛けていったことで、道中かかってしまった。だからウチの先生(平田調教師)も、レース前にムーアには“スタートから出していかないでほしい”とオーダーしたんだけど、彼は“自分なら大丈夫だ”って。実際、ちゃんとレースではスタートから出していって、しっかり折り合わせた。あのあたりはさすがですよね」

 まさに「勝因はムーア」。名手ならではのスタートと道中のレース運びがあったというわけだ。

 それにしても…。この秋のJRA・GIは天皇賞の武豊(キタサンブラック)を除いて、すべて外国人騎手が勝っているのだから、異常事態と言えば異常事態。今週の阪神JFもルメールが騎乗するロックディスタウンが快勝しようものなら、日本の競馬としてはちょっと寂しく思えてしまうが…。

 ストップをかけるとしたらラッキーライラックの石橋か、リリーノーブルの川田か。いやいや、抽選組の1勝馬の中にも一発ムードを漂わせている馬がおり、今週は日本人ジョッキーの「意地の一撃」が見られるものと記者は勝手に思っている次第だ。