【ファンタジーS】アーデルワイゼ 躍動感あふれる動き「叩いての上積みは見込める」

2017年10月31日 21時04分

アーデルワイゼは馬なりのままラスト1ハロン12.5秒を刻んだ

【ファンタジーS(金曜=11月3日、京都芝外1400メートル)注目馬31日最終追い切り:栗東】7月の中京で新馬勝ちを決めると、続くもみじSでも牡馬相手に2着に好走。早々と頭角を現したアーデルワイゼ。この日は坂路単走で行われ、4ハロン52・4―12・5秒を馬なりでマーク。躍動感あふれる動きで上昇ぶりをアピールした。

 池添学調教師「叩いての上積みは見込めると思います。牝馬限定の重賞で、どういうレースをしてくれるか。楽しみですね」

 先に見据える12・10阪神JFへ向け、結果を出す態勢は整っている。