【JBCクラシック】GⅠ・2勝目へ好発進のアポロケンタッキー

2017年10月29日 10時00分

前哨戦での力強さが印象的だったアポロケンタッキー

【赤見千尋のJBC展望(3)】トリを飾るのはJpnⅠ・JBCクラシック! ダート中距離戦線はレースごとに勝ち馬が替わる群雄割拠の戦国時代に突入しています。大井2000メートルは枠順の差や展開の紛れが少なく、強い馬が勝つチャンピオンディスタンス。GⅠ(JpnⅠ)馬6頭が参戦する今回、勝った馬が新ダート王にふさわしいのではないでしょうか。

 まず注目したいのは前哨戦の日本テレビ盃上位組。JRA勢4頭全てがGⅠ馬で、直線ではその4頭が叩き合うハイレベルな一戦になりました。勝ったのは3番手外から力強く伸びたアポロケンタッキー。ドバイワールドC9着、帝王賞は5着に甘んじていましたが、帰国2戦目で動きが一変。昨年末の東京大賞典勝ちがフロックではないことを証明しました。レース後、内田博幸騎手は「次はさらに良くなりそう」とコメント。GⅠ・2勝目へ向けて、秋初戦で好スタートを切りました。

 サウンドトゥルーはロングスパートで2着に追い込みましたが、本来は叩き良化型。直線の長い大井はもってこいで、前がやり合う展開になれば末脚がハマる可能性も。3着ケイティブレイブは目標になりながらもよく踏ん張りました。勝ち馬との差はコンマ1秒。展開ひとつで逆転可能でしょう。

 対するは昨年の覇者アウォーディー。帝王賞3着からの休み明けですが、初戦から動ける馬。能力が高いことは疑いようがなく、集中して走り切れるかが鍵です。

☆JBCクラシック出走予定馬(11月3日=大井2000メートル)

アポロケンタッキー(栗東)牡5 内田博幸
サウンドトゥルー (美浦)セン7 大野拓弥 
ケイティブレイブ (栗東)牡4 福永祐一
アウォーディー  (栗東)牡7 武 豊
オールブラッシュ (栗東)牡5 ルメール
ミツバ      (栗東)牡5 松山弘平 
グレンツェント  (美浦)牡4 森泰斗
クラージュドール (船橋)牡7
サブノクロヒョウ (大井)牡4 和田譲治
スパイア     (大井)牡8 
タマモネイヴィー (浦和)牡6 繁田健一
ハーキュリーズ  (浦和)牡9 保園翔也 
バルダッサーレ  (大井)牡4 御神本訓史
フェスティヴイェル(川崎)牡6