【スワンS】レッツゴードンキ「反動だけが心配だったが、むしろ馬は良くなっている」

2017年10月24日 20時41分

【スワンS(土曜=28日、京都芝外1400メートル=1着馬にマイルCS優先出走権)注目馬24日朝の表情:栗東】レッツゴードンキは坂路を軽めのキャンターで駆け上がった(4ハロン65・7秒)。牝馬とは思えないほど力強いフットワーク。秋初戦のスプリンターズSでクビ差2着に好走した反動はみじんも感じられない。陣営も確かな上積みを強調した。

 梅田調教師「前走で力を再認識した。反動だけが心配だったが、むしろ馬は良くなっているね。暮れの香港スプリント(12月10日=シャティン競馬場、芝1200メートル)につながるレースをしてほしい」