【新馬勝ち2歳総点検】グレイル 良馬場でも結果出せばクラシック候補へ

2017年10月24日 20時23分

グレイル(手前)は他馬が前に出ることを許さなかった

【新馬勝ち2歳総点検(日曜22日=京都)】好メンバーが顔を揃えた芝内2000メートルは1番人気のグレイルが勝利を手にした。

 内外からプレッシャーをかけられる厳しいシーンがありながらも、逆に闘志に火がついたのか。前に出た後は最後まで先頭を譲ることなく、ゴールを駆け抜けた。

「まだ緩い馬なので、こういう馬場がどうかと思っていたが、最後は相手が来るだけ伸びる感じだったね。現時点の完成度では十分、合格点」とは野中調教師。

 良馬場での競馬でも答えを出せば、クラシック候補へと躍り出る。