【天皇賞・秋】ネオリアリズム「勝ち鞍がある東京の2000メートルは合う」

2017年10月23日 20時40分

【天皇賞・秋(日曜=29日、東京芝2000メートル)注目馬最新情報:美浦】ネオリアリズムの1週前追い切りは南ウッド5ハロンから3頭併せ最先着で67・5―37・8―12・4秒。時計は上々で直線の反応、伸びともに素晴らしかった。間隔が空いたが、その影響を感じない仕上がり。

 森助手「前走(クイーンエリザベスII世C=1着)はモレイラ騎手がうまく乗ってくれました。爪の傷みが出たので札幌記念は回避。帰厩後は順調に乗り込めています。勝ち鞍がある東京の2000メートルは合うと思います」