【菊花賞】ウインガナドル「自分のペースで運べれば距離も問題ない」

2017年10月17日 21時05分

【菊花賞(日曜=22日、京都芝外3000メートル)注目馬17日朝の表情:美浦】前走の新潟記念では逃げて0秒1差の4着と見せ場をつくったウインガナドル。陣営はレース内容を高く評価した。

 上原調教師「新潟は合うとはみていたが、古馬と互角にやれたのは収穫。津村も“これなら菊花賞が楽しみ”と言ってくれた。(今回は初めての長距離戦となるが)シャープな体形のステイ(ゴールド産駒)だし、精神的にもドッシリしてきた。自分のペースで運べれば距離も問題ない」