【菊花賞】キセキ「京都の外回りの適性は高いはずで、あとは距離だけ」

2017年10月16日 21時04分

【菊花賞(日曜=22日、京都芝外3000メートル)注目馬最新情報:栗東】キセキの1週前追い切りはウッド単走で6ハロン86・1―40・8―12・4秒。前走(神戸新聞杯=2着)時に体を減らしているため、体調の維持を意識させる内容。気配は悪くない。

 辻野助手「狭いところから出てきた前走内容には一定の評価をしていますが、大きなストライドで伸び伸びと走らせたほうがいい馬。能力を出し切れたレースとは思っていません。そんな馬なので京都の外回りの適性は高いはず。あとは距離だけですね」