【菊花賞】サトノクロニクル「折り合いは割とつきやすいタイプ」

2017年10月16日 21時00分

【菊花賞(日曜=22日、京都芝外3000メートル)注目馬最新情報:栗東】サトノクロニクルの1週前追い切りはウッドで6ハロン83・3―39・5―11・8秒。アルアインとの叩き合いを制した。春先より動けていて力をつけている。

 池江調教師「ひと夏を越して稽古で動くようになってきた。前走(セントライト記念=3着)は窮屈になる場面もあったね。距離はやってみないと分からないが、折り合いは割とつきやすいタイプ」