【新馬勝ち2歳総点検】5馬身差の圧勝スターリーウォリア 距離への対応がカギ

2017年10月11日 20時01分

5馬身差で圧勝のスターリーウォリア(右)

【新馬勝ち2歳総点検(月曜9日=東京)】ダート1300メートルは関西馬スターリーウォリアがV。同厩キタサンブラックと併せて鍛えられた成果をいかんなく発揮、2着に5馬身差の圧勝を決めた。

 清水久調教師「距離は縮めるより延ばす方向で。経験を積んでモマれる競馬も覚えさせたい」

 活躍の場を広げる意味でも距離への対応がカギになる。