【秋華賞】アエロリット「春先より調教の質を上げても応えてくれている」

2017年10月10日 21時03分

【秋華賞(日曜=15日、京都芝内2000メートル)注目馬10日朝の表情:美浦】アエロリットは菊沢調教師を背に角馬場→南A(ダート)で軽く流し、11日の最終追い切りに備えた。初の2000メートルながら主役として迎えるGIの舞台とあって、陣営は慎重な口ぶりながら馬自身の充実ぶりに確かな手応えをつかんでいる。

 菊沢調教師「これ(距離)ばかりは、やってみないと分からない。簡単にはいかないだろう。春先より調教の質を上げ、馬はそれに応えてくれている。たくましいね」