【京都大賞典】サウンズオブアース 躍動感のある走りで先着「京都外回りはこの馬に合った条件」

2017年10月05日 21時00分

【京都大賞典(9日=月曜、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬4日最終追い切り:栗東】復帰戦の札幌記念で4着止まりだったサウンズオブアース(写真手前)はウッドで併せ馬。先導役の僚馬に大きく離れて追走からコーナーワークで一気に差を詰め、馬なりのままゴールでは先着。躍動感のある走りで好仕上がりをアピールした。

 藤岡調教師「夏に一度使ったことで、今年は例年の秋初戦とは違った仕上がりでレースへ臨めそう。京都外回りというのもこの馬に合った条件なので期待している」