【毎日王冠】紅一点ソウルスターリングで堅いか 過去10年で牝馬の連対率100%

2017年10月03日 21時00分

【毎日王冠(日曜=8日、東京芝1800メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈4・2・1・3〉で複勝率70%は悪くないが、以下は2番人気〈1・1・0・8〉、3番人気〈0・1・0・9〉と、信頼度がガクッと落ちる。

 マイル、中距離両路線の重要ステップを担うだけに、上半期GIから直行する馬も多く、宝塚記念組が1勝、2着1回、3着3回、安田記念組が1勝、2着3回。

 今年は宝塚記念からの直行はなく、安田記念からの直行馬サトノアラジン(1着)、グレーターロンドン(4着)が有力なのは間違いないが…。

 過去10年で“100%のデータ”が牝馬の連対(ウオッカが2008、09年連続2着、ルージュバックが16年1着)。1番人気が予想される唯一の牝馬ソウルスターリングの信頼度が最も高いとみるべきか。