【スプリンターズS】理想体重に近づいたメラグラーナ 牝馬GI勝ちの最高「馬体重」更新も

2017年09月27日 21時32分

洗い場で前かきをするメラグラーナ

【スプリンターズS(日曜=10月1日、中山芝外1200メートル)栗東トレセン発秘話】調教師によって“馬体の好み”はあるもので、多くの重賞ウイナーを育てた佐山優元調教師は、現役当時、屈指の巨漢馬として人気を集めたヒシアケボノに象徴される大型馬を好んで育てた。これとは対照的にスプリンターズSにフィドゥーシアを送り込む松元調教師は、特に牝馬はスラッとした体形を好む。

「やっぱり牝馬は腹が巻き上がっているくらいの方が走る。ウチで走った牝馬もだいたいがそんな感じだった。それと比べるとフィドゥーシアの前走(セントウルS・9着=480キロ)は、ちょっと体に余裕があった。470キロ台前半の馬体重の時に走っている馬だからな。今度は中山までの輸送で絞れてくれればいいんだけど」

 松元調教師の“牝馬はスラッとした方が走る理論”からすれば、同じくスプリンターズSに出走予定のメラグラーナは対極に位置する存在だ。セントウルS(4着)での馬体重532キロは、牡馬も含めたスプリンターズS登録馬のうち、前走時の最重量にあたる。もっとも管理する池添学調教師によれば、この馬体重がメラグラーナにとっては理想的なのだそうだ。

「デビュー当初からこれぐらいの体があっていい馬だと思ってましたから。これまでは輸送で体が減ったりして、なかなか増えてこなかったけど、そういう意味では、あの体重で出られたのは精神的な成長かもしれません」

 これまでのJRA・GI最高馬体重勝利は1995年スプリンターズS=ヒシアケボノの560キロで、牝馬のそれは同年エリザベス女王杯=サクラキャンドル&2005年天皇賞・秋=ヘヴンリーロマンスが記録した510キロ。メラグラーナがスプリンターズSで見事Vを決めれば、牝馬のGI最高ウエート勝利記録更新となるが果たして!?