【スプリンターズS】妙味ある出走馬は5歳牝馬の2頭

2017年09月26日 21時00分

【スプリンターズS(日曜=10月1日、中山芝外1200メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈3・2・0・5〉。以下、2番人気〈1・5・0・4〉、3番人気〈3・1・0・6〉と続く。いずれも強調するほどではないが、1~3番人気馬が壊滅した年は一度もない。

 ステップ別ではセントウルS組(4勝、2着3回、3着4回)、キーンランドC組(2勝、2着3回、3着5回)と、サマースプリントシリーズからの臨戦馬の活躍が目立つが、シリーズの覇者が当レースを制した例はない。世代別では4、5歳、性別では牝馬が優勢。

 セントウルSを制した4歳牡馬ファインニードルの勢いは当然、軽視できないが、評価が大きく下がるようならメラグラーナ(セントウルS=4着)、フィドゥーシア(同9着)の両5歳牝馬が妙味ある存在となる。