【新馬勝ち2歳総点検】差し切りVトーセンブレス 非凡な末脚で楽しみな素材

2017年09月20日 20時17分

最速上がりをマークしたトーセンブレス

【新馬勝ち2歳総点検(日曜17日=中山)】牝馬限定芝1600メートルを勝ったディープインパクト産駒トーセンブレスの勝ちっぷりが目立った。

 スタートで後手に回り道中は後方追走だったが、直線馬群の外から一気の差し切り勝ち。次位を1秒1上回る最速上がり(34秒0)をマークしたあたりに非凡さがうかがえた。

 母ブルーミンバーは芝、ダートの6ハロンでJRA7勝も「ストライドの大きい走りで母よりも距離は持つと思っていた」と加藤征調教師。

 9ハロンでのデビュープランもあったほどで、今後が楽しみな素材だ。