【スプリンターズS登録馬】進化中レッドファルクスが連覇狙う

2017年09月19日 11時05分

 秋のGIシリーズの幕開けとなる第51回スプリンターズS(10月1日=中山芝外1200メートル)の登録馬が発表された。

 昨年の高松宮記念の覇者ビッグアーサーは順調さを欠き、ここがようやく今年初戦。また今年の高松宮記念馬セイウンコウセイにしても、函館スプリントSでは4着に敗れた。

 現状では昨年のスプリンターズS勝ち以降も、国内のスプリント戦線では安定した走りを見せているレッドファルクス中心とみるべきか。久々のマイル戦出走となった前走の安田記念でも0秒1差3着と、6歳にしてまだまだ進化中。実績のある距離で、昨年に続く連覇を狙う。

 対するは夏稼働組。北九州記念、セントウルSを制したのはともに4歳の上がり馬ダイアナヘイローとファインニードルだった。停滞気味のスプリント戦線に新たな波を起こせるか注目だ。

 なお“短距離王国”香港からはブリザードが参戦。地元のGIでは善戦止まりだが、日本の馬場への適性も含めてチェックが必要となろう。