【ローズS】ファンディーナ 抜群の手応えで併入「春先よりも馬のコンディションはいい」

2017年09月13日 21時05分

【ローズS(日曜=17日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)注目馬13日最終追い切り:栗東】牡馬相手に挑んだ皐月賞は7着に敗れたファンディーナ(写真左)だが、直線では、いったん先頭に立って内容のある敗戦だった。その後はオークスを予定していたものの、中3週の競馬が続いたことで疲れが抜け切らず自重。無理をせず秋に備えたのは正解で、春先よりも筋肉の張りは良くなった。

 この日は坂路でタイセイレガシー(3歳未勝利)と併せ馬。最後まで馬なりだったが、抜群の手応えで鼻面を並べてゴールした(4ハロン55・0―12・4秒)。

 高野調教師「今日はやり過ぎないように指示。秋華賞を見据えた仕上げで調教過程から100%ではないけど、春先よりも馬のコンディションはいい。次へつながる競馬をしてくれれば」

 調教量が不足しているのは否めないが、デビューから3連勝した内容から潜在能力の高さは折り紙付き。ここをあっさり勝つようなら本番がより楽しみになる。