【ローズS】リスグラシュー 楽な手応えで先着「あとは当日の輸送を無事にクリアできれば」

2017年09月13日 21時03分

【ローズS(日曜=17日、阪神芝外1800メートル=3着までに秋華賞優先出走権)注目馬13日最終追い切り:栗東】春は桜花賞2着、オークス5着とGIタイトルにあと一歩届かなかったリスグラシュー(写真手前)。飛躍の秋にするためには、トライアルといえども成長の跡を示すことが重要課題になる。

 この日は坂井(レースは武豊)を背に坂路で併せ馬。先行する3歳未勝利馬を終始楽な手応えで追走し、ラスト12・3秒(4ハロン54・0秒)と切れのある動きで先着した。陣営は“反撃の秋”に期待を寄せた。

 坂井騎手「しまいを伸ばす内容でしたが、楽に動けて反応も良かったです」

 北口厩務員「体は仕上がっている。あとは当日の輸送を無事にクリアできれば」