【新馬勝ち2歳総点検】快勝ジャンダルムは重賞勝てるレベル 武豊「二千まで距離は持つ」

2017年09月12日 20時17分

【新馬勝ち2歳総点検(土曜9日=阪神)】芝外1600メートルを制したジャンダルム(池江)の母はスプリント女王だったビリーヴ。その産駒は距離に限界を見せるのが常で、ダート中距離で活躍したメダグリアドーロを父に持つフィドゥーシアもスプリンターとして開花した。

 メダグリアドーロと同じエルプラド産駒のキトゥンズジョイを父に持つジャンダルムも、いずれはスプリンターに? そんなイメージを吹き飛ばしたのがレース後の武豊のコメントだった。

 武豊騎手「これまでのビリーヴの子とはイメージが違うね。スプリンターという感じじゃない。マイルから2000メートル。距離は持つと思う」

 スローペースにもしっかり折り合い、後続の追い出しを待って仕掛ける余裕しゃくしゃくのレースぶり。これでも「最後はやめようとしていた。それだけ余裕があったということ」(武豊)。

 内容Bは4角で逃避する面を見せたためで、実質的には将来性とともにA評価。重賞を勝てるレベルの馬だ。