札幌リーディングは2年連続ルメール

2017年09月04日 11時22分

 3日で夏競馬が終了。同時に札幌、新潟、小倉の開催リーディングジョッキーも決定した。

 札幌は27勝のルメールが2年連続2回目。函館開催を含む北海道リーディング(計34勝)にも輝いた。「ファンの応援がすごい。札幌は素晴らしい競馬場です。サトノダイヤモンドで凱旋門賞を勝つチャンスもあるし、日本のGⅠもいい馬でたくさん勝ちたい」と、喜びとともに秋競馬への抱負を語った。

 新潟リーディングは17勝の戸崎圭。シャーガーCへの遠征やワールドオールスタージョッキーズ参戦などがあったにもかかわらず、福島開催に続いてのリーディング奪取。第一人者の貫禄を見せた。「大した活躍はできなかったので申し訳ない気持ち。ただ、直線競馬では目の前で応援してもらえたし、リーディングを取れたのは温かい声援のおかげ」

 小倉リーディングは15勝を挙げた幸。2位武豊に1勝差で初の栄冠に輝いた。「前日の時点で豊さんと3勝差。もしかしたらと思っていましたが、午前中に2勝され、やっぱり無理かという気持ちになっていたので(笑い)。小倉でこういった賞を頂くのは初めて。うれしく思います」