【新潟記念】小倉記念覇者タツゴウゲキ コース形態一変にも「折り合いはつく馬だから」

2017年08月31日 21時00分

【新潟記念(日曜=9月3日、新潟芝外2000メートル)注目馬31日朝の表情:栗東】タツゴウゲキは厩舎周辺の運動で軽く汗を流した。

「いい意味で変わりないね」とは管理する鮫島調教師。

 今回は左回りで、直線の長い新潟の外回りコース。初重賞Vとなった小倉記念とはコース形態が一変するが、「折り合いはつく馬だから」とさして気に留めていない様子。

 2つ目の重賞をもぎ取って、サマー2000シリーズの王者となるか注目だ。