【小倉2歳S】モズスーパーフレア 余力残しで併入「スタートさえ五分に出られれば」

2017年08月30日 20時26分

【小倉2歳S(日曜=9月3日、小倉芝1200メートル)注目馬30日最終追い切り:栗東】新馬戦を小倉開催ナンバーワン時計で勝ち上がったモズスーパーフレア(写真手前)は、同じ音無厩舎のアサクサゲンキと坂路で併せ馬。併走状態で好ラップを刻んでいく。ラスト1ハロンでアサクサがスパートし、この動きにモズも反応。手応えに余力を残しながら併入した(4ハロン51・6―38・0―25・3―12・9秒)。

 松若騎手「いい追い切りができました。動きも息の入りも良かった。いい状態を維持できています。初戦からまだ時計は詰まりそうな感じでしたし、スタートさえ五分に出られれば」

 アサクサゲンキに騎乗した武豊騎手「この馬の動きも良かったよ。スピードはありそうだし、(4戦目という)キャリアを生かしたいね」