【新馬勝ち2歳総点検】4馬身差圧勝ベルーガ 順調ならスプリント路線の中心的存在に

2017年08月29日 20時21分

最後は流して4馬身差圧勝を飾ったベルーガ

【新馬勝ち2歳総点検(日曜27日=札幌)】芝1200メートルは断然の支持を集めたベルーガが期待に応えた。

 スタートこそひと息だったものの、中団追走から4角手前で外に出すと、一瞬にして先団に取りつき、ラスト1ハロン地点で先頭に立った後は流す余裕を見せての4馬身差圧勝。近親にスプリンターズSを制したスリープレスナイトがいる血統馬が、抜群の瞬発力で短距離適性の高さを示した。

 今後は放牧に出されるが、順調ならスプリント路線の中心的な存在になっても不思議はない好素材だ。