凱旋門賞の有力候補アルマンゾルが引退

2017年08月23日 11時20分

 仏ダービーなどGI・3勝馬で今秋の仏GI凱旋門賞の有力候補と目されていたアルマンゾル(牡4)が引退する。20日にオーナーサイドが明らかにした。

 同馬は今春、厩舎で馬ヘルペスウイルス1型が蔓延した際に熱発。以後もフィジカル面で問題を抱え、今季初戦となった15日のGIIIゴントービロン賞では最下位の5着(同着)に敗れた。陣営は「最大目標としていた凱旋門賞に十分フィットした状態で向かえそうにない」とコメント。種牡馬としての繋養先など詳細は後日発表される。