【北九州記念】バクシンテイオー「小倉驚異の複勝率」ホワイト騎乗で鬼に金棒

2017年08月18日 21時01分

連覇を目指すバクシンテイオー

【北九州記念(日曜=20日、小倉芝1200メートル)得ダネ情報】GIII北九州記念は過去10年で1番人気がわずか1勝という波乱度の高いレース。昨年、1番人気のベルカントを撃破したのは、8番人気のバクシンテイオーだった。その昨年の覇者が「不当に評価を落としている」とは現地の小倉得ダネ班。一見、買える要素はないように見えて、実は買える要素満載だ。

 前年の勝ち馬にもかかわらず、いまいち注目度の低いバクシンテイオー。その北九州記念後17、6、6、12着の地味な成績、高松宮記念以来の休み明け。この2つの不安要素が評価を下げているが、肝心の当事者は昨年と何ら変わらない手応えを感じている。

「初めてのGIだった前走はさすがに結果が出ませんでしたが、その前の2戦は差のない競馬(0秒2~4差)をしていますから。年齢的な衰えは特に感じていませんよ」とは現地で調教パートナーを務める森助手だ。

 そもそも「当日や前日輸送の競馬だとイレ込んでしまう」“割り引き材料”があるうえでの戦績。「落ち着いて、普段のままの感じで臨める」滞在競馬なら巻き返しの可能性は十分に見いだせる。

 もちろん、仕上げにも抜かりはない。

「入厩した当初は緩さがあったけど、ひと追いごとに良くなってきた。去年と同じくらいの状態に持ってこれたと思う」

 森助手の言葉通り、16日の最終追い切りでは雨中の芝を力強く伸びて5ハロン64・0―11・3秒と鋭伸。1週前にもビッシリ負荷をかけられており、まさに理想的な調教メニューを消化してきた。

 今回は鞍上にもっか絶好調のホワイトを起用。長く香港ナンバーワンに君臨していた名手は今夏、小倉の芝で複勝率53・6%という驚異的な数字を残しており、連覇を目指すバクシンテイオーにとってはこれ以上ないパートナーを得た格好だ。

「滞在が合う馬を選んで連れてきている」堀厩舎の狙い澄ました参戦。さらに週中の雨で昨年同様、少し時計のかかる馬場になるようなら、願ったりかなったり。今年もまた波乱の使者になれる要素は揃い過ぎるくらい揃っている。