ジェンティルドンナが年度代表馬に 3歳牝馬選出は史上初

2013年01月08日 18時37分

ジャパンカップでオルフェーヴル(左)との叩き合い制し優勝したジェンティルドンナ(右)

 2012年度JRA賞受賞馬が8日、発表され、注目の年度代表馬には史上4頭目の桜花賞、オークス、秋華賞の3冠を獲得したジェンティルドンナ(牝4・石坂)が初選出された。

 

 3歳牝馬の選出は、同賞が制定された1987年度以降、史上初めて。

 

 ジャパンカップでもオルフェーヴルとの壮絶な叩き合いを制し、牝馬として中央競馬史上初の年間GⅠ4勝を挙げたジェンティルドンナは、289人による記者投票の年度代表馬部門で256票を集めたほか、最優秀3歳牝馬部門では満票を獲得した。

 

 石坂調教師も「それだけの競馬を見せてくれたということでしょう。一戦ごとに安心して見られるようになったし、ジンクスを破っていく馬だから」と喜んだ。

 

 その他の最優秀馬は次の通り。

★2歳牡馬=ロゴタイプ

 

★2歳牝馬=ローブティサージュ

 

★3歳牡馬=ゴールドシップ

 

★4歳以上牡馬=オルフェーヴル

 

★4歳以上牝馬=カレンチャン

 

★短距離馬=ロードカナロア

 

★ダートホース=ニホンピロアワーズ

 

★障害馬=マジェスティバイオ