【新馬勝ち2歳総点検】先行押し切り勝ちノームコア 時計が優秀で楽しみな好素材

2017年07月19日 20時17分

後続を寄せつけなかったノームコア(左)

【新馬勝ち2歳総点検(日曜16日=福島)】芝1800メートルを勝ったノームコアはなかなかの器。

 

 前半から行きっぷりが良く、2番人気のヘッドストリームと並走して後続を離す展開。5ハロン通過59秒9はこの時期の新馬戦としては速めのペースだが、4角で早々と併走馬を振り切り後続を寄せ付けずフィニッシュ。

 

 勝ち時計1分49秒1は同日の3歳未勝利に0秒3劣るだけ。自ら競馬をつくり、一杯に追われることなくこの記録だから価値は高い。

 

「出して行ったら(ハミを)かんだ。次は折り合い面を考えて競馬させたい」

 

 石川が反省点をこう話したように前進気勢が強いが、コントロールが利かないほどでもない。小柄(436キロ)ながらパワーもありそう。今後が楽しみな好素材だ。