【名鉄杯】スリータイタン 併走遅れもクビ差で食らいつく根性見せる「この距離にも対応できる」

2017年07月13日 20時31分

【名鉄杯(日曜=16日、中京ダート1800メートル)注目馬13日最終追い切り:栗東】スリータイタン(写真右)は坂路で同じく当レース出走予定の僚馬コパノチャーリーと併せ馬を敢行。それほど攻め駆けしないタイプだけに追走もおっつけながら。最後まで手応えは劣勢でも、クビ差で食らいつく根性を見せた(4ハロン55・1―12・6秒)。丹沢S(1600万下)勝ち後は短期放牧を挟んだが、陣営は色気十分だ。

 

 鹿屋助手「帰厩してからの雰囲気も良く、8歳でも元気いっぱい。長い距離中心に使っていたけど、この距離にも対応できるし、オープンでもロスなく立ち回れれば」