【新馬勝ち2歳総点検】不満残す勝利グランデウィーク 今後変わる余地大きい

2017年07月11日 19時32分

期待に応えたグランデウィーク(左)

【新馬勝ち2歳総点検(日曜9日=福島)】芝1800メートルは1番人気のグランデウィークが期待に応えたが、レース後の畠山調教師は「トレセンにいる時よりテンションが高かったし、本来は速いゲートも遅かった」と渋い表情。道中でも鞍上が手綱を引っ張るシーンがあり、少なくとも優等生の競馬ぶりではなかった。

 

 ただし、4コーナーで斜行してきた馬に振られた際も、ヒルまず勝負根性を発揮したのは立派。馬っぷりの良さからも今後、変わる余地が大きいことだけは間違いない。