【セレクトセール初日】キングズローズの2016は1億8000万円「考えていた金額」

2017年07月10日 14時09分

 10日、日本最大の競走馬セール「セレクトセール2017」初日が北海道苫小牧市のノーザンホースパークで行われた。

 初年度産駒がデビューしてわずか2か月しかたっていないロードカナロアだが、早くも種牡馬としての確固たる地位を確立したと言えそうだ。

 母はニュージーランドの3歳牝馬チャンピオンで、母父にオーストラリアのトップサイアー・リダウツチョイスがいる「キングズローズの2016」(牡馬)の落札額は1億8000万円。

 しかし、その金額にも競り落とした(株)NICKSのアドバイザーを務める竹内啓安氏は「考えていた金額。驚きはありません」という。

「血統、配合、馬体と動きのすべてが揃っている馬でなければ、購入しないつもりでした。この馬が今回のセールで1番だと思いましたし、競走馬としてはもちろんですが、その先のことまでを考えてのもの。世界に通用するスプリント種牡馬になれると思っています」と絶賛した。